読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sos の 作業メモ

プログラミングや英会話学習、マイルや旅行、日常生活など。最近はWebFormなASP.NETのお守りがお仕事です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス Gポイント

エンバカデロ「絶対挫折しないモバイル開発入門」に参加しました

エンバカデロさんの、Webセミナー 入門者向け!Delphi/C++Builder/RAD Studio 紹介セミナー に参加しました。

まずは、モバイルアプリの種類と開発環境等、Delphiのメリットをさらっと解説。

Delphiで開発するメリット

  • 既存のWindows開発者

    Winアプリと同じスタイルでのiOSアプリ開発

  • iOS開発者

    コンポーネントによるビジュアル開発で生産性UP

結局、いつものDelphiのビジュアル設計ツールで、モバイル用の FireMonkeyのアプリを作れば、それがiOSで動くということらしい。 コンポーネントもいろいろと用意されているっぽいし、 なによりDelphi知ってる人間ならものすごく入り易い。

ライブコーディングで3種類のサンプルアプリを作る過程を見ていましたが、 まさに往年のDelphiアプリ。

質疑応答

回転時の画面設計はどうするのか?

画面回転のイベントを拾って、コードでコンポーネントのサイズや位置を調整する -> えぇ?リソースとかxibファイルみたいなので切り替えるんじゃないの?

リリースはいつ?

もーちょっと待ってねw


XCodeでのiOSアプリ作成もそんなに生産性は悪くないと思うのですが、 これはこれでちょっと良さそうです。

そういえばAndroidクロスプラットフォーム開発のお話はどこへいったんでしょうか…