読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sos の 作業メモ

プログラミングや英会話学習、マイルや旅行、日常生活など。最近はWebFormなASP.NETのお守りがお仕事です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス Gポイント

ブログで稼ぐより本業の方がなんぼか楽でうんと儲かる気がするよねというお話

なんとなくブログの収益改善でも企んでみようと

あたりに手をつけてみようかと思ったのですが・・・

とりあえず 「ブログ 収益化」でググってみて、

の中の、『ブログは固定給の無い歩合給制』の言葉に、非常に共感を覚えちゃいまして、 収益改善は無職になる時にでもやればいいかと先送りすることにしました。

本業

私の本業はプログラマーで、性格的なものは横に置いておくとしても業務的にはかなり優秀との評価を得ています。

社内はもちろん、客先やパートナーの会社からも、まぁこの人が出てくれば強権発動で色々大変にはなるけど最後にはなんとか動くものが出来上がる的な人材として、普段は自由奔放に過ごしている類に属しています。

時間あたりの単価も相場より高めであり、自分でもそれを認識し、維持するための日々の学習や体調の維持にもそれなりに気を使っています。 もちろん、経営陣の一員でもありますので、トータルで会社に益があるかどうかを考えながら動いてもいます。(たぶん、maybe、まぁそれなりに)

今は種蒔きをしながらも一部収穫の始まったプロジェクトを担当していまして、順当にこなせばこの先数年はのほほんと楽に食っていけるどころか、これ老後までいけるんじゃない?的な 見通しですが、個人的にはモチベーションはすっかり下がって進退をうかがっている状況といったところです。

基本原理としては非常に面倒くさがりで、あとで楽をするための自動化や手順の確立に関しては、努力を惜しまず全力でやりとげるというのをモットーとしています。

たいがい投入したコストが結果に見合わず採算割れすることになるのですが・・・

そんなわけで、私にとってプログラムを書くことは、ご飯を食べるのと同じくらい必要なことであり、 バランスボールにあぐらをかいて座っているのと同じくらい、慣れてしまえばなんてことのないとても簡単なこととなっています。

もちろん人には得手不得手があり、たまたま私に適性があり、それが趣味になり、職業になっただけのことなのはいうまでもありません。

その一方で、読みやすい文章を書くことは、とても難しくて時間のかかることだと日常的に感じています。

言葉を少なく簡潔にして言い回しがどうとか考え始めると「うがー」となってやる気がしぼみますし、かといって言葉を加えすぎると回りくどくなってよくわからなくなる。

めんどくさいことこの上ないです。

そう、私は面倒くさいことが大嫌いなんです。

長くなってきたので結論

PVの伸びる記事というのは、読み手とってためになることや、共感を得やすい主義主張がしっかり入っているものらしいのですが、

  • そのためには文章を書かなければならないということ
  • けれども私は文章を書くのが嫌いだということ

このあたりが大きく邪魔をしてなかなかできていません。

文章の書き方入門系の本を何冊か読めば、もう少し上手に書けるようになるものなのでしょうか?

それとも、プログラムを書く時と同様に、境界条件をあれこれと検討してロジカルに文章を組み立てる癖をつければよいのでしょうか?

結局のところ、私の場合はプログラムを書いている方が性に合っていて楽に稼げるっぽいということで、 ブログの方はいままでどおり、なんとなく雑記を続けていくという決意で締めくくりたいと思います。

それほど贅沢ができるわけでもありませんが、たまにふらーっと海外へ貧乏旅行するくらいの余裕はありますし、専業主婦な奥さんを若干羨ましく思いつつも、わりとゴキゲンさんでプログラムを書いて食っていけてるうちはこんなもんでええかなという気がしてます。


さて、うだうだと書いてきましたが、たまにはこうやって考えを巡らせてみるのも楽しいものですね。

プログラムを書いている時とはまた少し違う思考形態なのですが、だらだらと日記を書いているのともちがうかんじで、文章を書くことも知的な創作活動なんだと今更のように感じています。

プログラムは数式やパズルを解いたりするときの楽しさと似ているのですが、文章の方はどう表現したらいいんでしょうね?

さっと文章を書けるようになる訓練方法もありそうですし、少しその手のhowto本でも読んでみたいと思います。