読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sos の 作業メモ

プログラミングや英会話学習、マイルや旅行、日常生活など。最近はWebFormなASP.NETのお守りがお仕事です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス Gポイント

記憶域階層の最適化タスクのレポートをとることにしてみました

windows 開発環境 Hyper-V

sos.hatenablog.jp

やることがいろいろあってとても忙しい日々ではありますが、Hyper-Vのサーバも徐々にVMが増え、 Fusion-IOの領域を超えるサイズとなってきましたので、そろそろ記憶域階層の状態のレポートをとることにしてみました。

記憶域階層の最適化タスクが肝

毎日深夜1:00にオプティマイザが実行され、SSD <-> HDDの移動が行われるらしいのですが、 このオプティマイザの出力をリダイレクトしてファイルに落としてやるいろんなことがわかるらしいです。

タスクスケジューラで変更

サーバマネージャ -> Tool -> タスクスケジューラで タスクスケジューラを起動し、 Microsoft/Windows/Storage Tiers Management の Storage Timers Optimization をダブルクリック。 操作タブでプログラムの開始を選んで編集ボタンを押し、 引数の追加のところで

/c /h /g /# >> C:¥Users¥Public¥Documents¥StorageTiersOutput.txt

とでもしてやればバッチリです。

実行時間も変更

1:00だとまだ活動していることが多いので、ついでに実行開始を4:00に変更してやりました。


どんな感じのレポートが出てくるのかは、明日起きてからのお楽しみっぽいです。

あと、記憶域階層は Win10でもEnterprise版とかだと普通に使えるみたいなので、 試してみると面白いかもしれませんね。