読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sos の 作業メモ

プログラミングや英会話学習、マイルや旅行、日常生活など。最近はWebFormなASP.NETのお守りがお仕事です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス Gポイント

「Windows Server 2012 R2 構築・運用・管理パーフェクトガイド」 を読みました

windows 読書

思うところがあるのと、必要に駆られての両方で WindowsServerの管理者の修行をしているのは少し前にも書いた通りなのですが、このGWはこの本のおかげでしっかり勉強できました。

標準テキスト Windows Server 2012 R2 構築・運用・管理パーフェクトガイド

標準テキスト Windows Server 2012 R2 構築・運用・管理パーフェクトガイド

800ページほどの超大作。 WindowsServerのセットアップから管理・運用に至るまでの必要なことがいろいろと書かれていて、 WindowsServerでシステムを構築しようと思ってる方はおろか、顧客のところにオンプレミスでASP.NETなWebシステムを まるまる納品しなきゃなんないというプログラマにとっては、必読と言える内容になっていると思います。

環境のヒアリング・設計・構築は本来インフラ部隊のやる仕事だとは思いますが、いち技術者でもこういった背景知識は持っておいて損はないというか、クライアントは知ってる側の人間として話をしてきますし、システム開発をする上で手駒は多いほうが何かと得なので、こういった知識は必須なんじゃないかと思います。

Windows本にはつきものの GUIの図のついたわかりやすい解説で、 実際に WindowsServer 2012 R2を触りながら、ActiveDirectory関係とクラスタリング関係は斜め読みで飛ばしつつ、実質550ページ程度を読破しました。

IISの章が20ページと恐ろしく物足りませんでしたが、開発に必要な情報と設定に必要な情報は違うので仕方ないのでしょう。(もう少しログの見方の解説が欲しい・・・) 他の部分もエキスパートな方から見れば物足りない部分が多いのでしょうね。 ま、そのあたりはこれからおいおい習得していこうと思います。

ちなみにテストでインストールしたWindowsのライセンスですが、Visual Studio Enterprise with MSDN のサブスクライバーなので、私自身が開発・テストで使用する限りライセンス違反は一切なし。

WindowsやVSを使うエンジニアなら標準版が年$800程度で更新できますし、購入しておいても損はないと思います。(Azureのクレジットも毎月15500円分付いてます)

ハードに1万、ソフトに1万、情報に1万くらいは最低でも毎月出そうぜ、俺らの大事な飯の種なんだから。というのを実践している会社なので助かります(^^;


初めて触ったWindowsNEC版の3.1で、プログラミングWindowsも3.1がついたのを読んだくらい昔からWindowsを使っていますが、Serverに関しては頭からUNIX系でやるもんだと思っており、この方面の知識はまるで仕入れていませんでした。

改めて、今のWindowsServerってすごいなと見直し、もう全てWIndowsでいいじゃんという気分にもなってたりします(^^;

今年のGWはまるまるこの本とWindowsServerで消えましたが、充分に得るものがあったので良しとします。