読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sos の 作業メモ

プログラミングや英会話学習、マイルや旅行、日常生活など。最近はWebFormなASP.NETのお守りがお仕事です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス Gポイント

0.8.1 Android Studio & Androd Wearって正直微妙かも

android 開発環境

すっかり遅くなりましたが、やっとこさ最新版にアップデートしました。

f:id:sos_jp:20140702105429p:plain

本家の最新のリリースノートはこちら

ベータリリース

ベータ版として初めての0.8.0と、それのマイナーアップデートの0.8.1をリリースした。

  • 様々な技術的な理由によって、0.6.1から0.8へのアップデートは提供されない。なので完全なIDEをダウンロードしインストールする必要がある。既に0.8をインストールしている場合は0.8.1へのアップデートパッチの利用が可能。

一年前に、正式リリースは一年後のI/Oかなと冗談で言ってた記憶がありますが、一年経ってもまだ1.0にならないとは気の長いお話です。

Android Studio Betaでのバグ修正及び新機能

Support for the Android L preview SDK

  • 新しいLのテーマ、ウィジェット、shadowレイヤのようなグラッフィックスのレイアウト表示をサポート
  • APIバージョンに応じた表示(異なるUIバージョンに渡るレイアウト表示)
  • 新しいdrawableの xmlタグ/属性である <ripple>や<animated-selector>等の L APIをエディタがサポート

Support for Wear and TV

Android Wearと Android TVのサポートを追加した。

  • Gradleによるビルドをサポートした新しいテンプレートを追加
  • Android WearとAndroid TVのレイアウト表示

New intention action to override resources

  • 別の定義でリソースの値を上書きするアクションを追加。
  • lintのquickfixでAPIバージョンのチェックを追加。

automatic platform component downloading

Gradle sync中に対象のプラットフォームが見つからない時に、自動的にコンポーネントをダウンロードできるようになった。例えば、build.gradleでAPI 19を指定している場合にAndroid 4.4がインストールされていない場合、Gradle Syncのリンクから対応するSDKのインストールが行える。

SDKだけでなく、build toolsや AndroidGoogleMaven リポジトリに関しても同様である。

Gradle Sync Caching

同期されたGradleモデルをキャッシュするようにしたので、IDEを終了や再起動した場合に、より早く使えるようになるだろう。

 


I/Oでもらったお土産のAndroid Wear(私はLG製を選びましたがSAMSUNG製の方が良かったかも?)をセットアップ し、Nexus5と共に開発環境を整備してみました。今のところ、音声でアラームが設定可能な、腕時計に毛が生えたものとしてしか利用していません。これがiPhoneとつながってくれる方がもっと便利だと感じてたりもしますので、私にはiWatchの方が向いてそうです。

f:id:sos_jp:20140702163123j:plain