読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sos の 作業メモ

プログラミングや英会話学習、マイルや旅行、日常生活など。最近はWebFormなASP.NETのお守りがお仕事です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス Gポイント

私がプレミアムドリーム号を使う7つの理由

f:id:sos_jp:20130918112941j:plain

JR高速バスのプレミアムドリーム号

京都で暮らしている私が勉強会や出張でたまに上京する際に使うのがこれ。

今日は私が何故プレミアムドリーム号を使うのか、その理由をあげてみたいと思います。

安い

やっぱり最初はこれです。座席の種類や季節、昼/夜、早期購入割引の有無で幅はありますが、昼間なら5000円から8000円、夜間でも6300円から12500円と、他の交通機関に比べるとお安くなっています。

青春ドリーム号や格安高速ツアーバスといったもっと安いものもありますが、長時間窮屈なシートに押し込められるタイプは流石に年齢的に辛いし、ツアーバスに関してはできるだけ避けるようにしています。

所要時間や疲れといった費用対効果を考えると新幹線の方が良い時もありますので、安さだけでバスを選ぶことはないのですが、それでも安いのは嬉しいですよね。

早朝に到着する

夜便なら夜中に京都を出発し、早朝に東京駅に到着します。銭湯でひとっ風呂浴びてスーツに着替えれば打ち合わせも余裕です。

慣れていないとなかなか寝付けずに翌日とても辛いことになりますが、どうしても夜の間に移動しなければならない時には便利です。

電源がある

プレミアムドリーム号は、全席ACのコンセントが用意されています。京都-東京で7〜8時間かかりますが、電源があればノートPCやスマホも安心です。

携帯の電波が届く

ほぼ全区間で3Gが圏内です。トラブル発生時の緊急の電話が受けられるだけでなく、いつでもインターネットが使えるということにもなります。

私はプログラマーをしていますので、電源とネットワークが確保されていてゆっくり座れる環境であれば割とどこでも仕事ができます。私にとって、プレミアムドリーム号はうってつけの移動手段です。

スマホだけで全てが完結する

Webによる予約、登録済のクレカによる支払いはもちろん、画面に乗車券を表示させることで乗車自体も可能となります。煩わしい印刷も不要で、全てがスマホだけで完結します。

これがかなり便利です。

高速バスネット

予定を変更しやすい

急に予定が変わっても、Web予約したものなら3回まで無料で変更が可能です。 この辺りはさすがJRですよね。

他に乗りたい人のためにも、さっさと変更しましょう。

プレミアムシートがある

ダブルデッキ(2階建)のプレミアムドリーム号には、1階部分に3席だけのプレミアムシートというのがあります。これが縦にも横にも広い上、リクライニングさせればフラットに近くなり楽に休むことができます。熟睡したままの移動も可能で、到着時の疲れが全く違います。

通常のシートに比べると1000円程高くなりますが、その差額以上の快適さのため、非常に人気の高い席となっています。

f:id:sos_jp:20130918102731j:plain

そして、私がプレミアムドリーム号を使う一番の理由がまさにこれ。プレミアムシートが取れなかったら素直に新幹線を使うほどです。

広々とした座席でノートPCをひざにのせて仕事をしたり、うとうとと居眠りをしているといつの間にか東京に到着するという、まるでオフィスが移動しているかのように過ごせます。

 


xx個の理由な記事を書いてみたかったので挑戦してみましたが、慣れないと難しいですね(^^;

夏場はたまに車内が酸っぱい匂いで辛いこともありますが、プレミアムドリーム号は、高速バスの中では比較的高めの部類でそこそこ安心できると思います。