読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sos の 作業メモ

プログラミングや英会話学習、マイルや旅行、日常生活など。最近はWebFormなASP.NETのお守りがお仕事です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス Gポイント

その1: Introduction (Google Maps SDK for iOS)

GoogleMaps iOS

前回の続き

Introduction to the Google Maps SDK for iOS

Introduction

Google Maps SDK for iOSGoogle mapsのデータを利用した地図機能をあなたのアプリに提供する。 SDKは、自動的にサーバーと通信を行い、地図を画面に表示し、ユーザーのクリックやドラッグといったジェスチャへの対応行う。

地図上には マーカーやpolyline, Ground Overlay, そしてInfo Windowの配置が可能。これらは地図に付加情報を与えるだけでなく、ユーザーのインタラクティブな操作を受け入れる。

SDKを使用する場合は、利用規約や法を遵守しなければならない。 また、アプリ名やバージョン。認証情報や匿名の識別情報が、個々のリクエスト毎に自動的にサーバーへ送信される。

Audience

このドキュメントはiOS開発に慣れており、ユーザーとしてGoogle Mapsの操作に親しんでいる人を対象としている。

また、このドキュメントはGoogle Maps SDK for iOSを使ったアプリの開発を始めるための概念的な事柄が記されている。詳細に関してはリファレンスを参照すること。

Google Maps Mobile SDK for Business

GooGle Maps Mobile SDK for Business ライセンスは、Google Maps SDK for iOSGoogle Maps Android APIの両方に強化された機能を提供する。 もしGoogle Maps Mobile SDK for Business ライセンスを購入済なら、追加された補足情報のためのドキュメントの参照が可能。

Google Maps Mobile SDK for Business はここ
んー、年間いくらくらいするんだろう?そんなに高くなければ払ってもよさげですよね

Attribution Requirements

Google Maps SDK for iOS をアプリ内で使用する際には、[GMSServices openSourceLicenseInfo]で取得したものを、アプリの利用規約やバージョン情報を掲載している場所に表示しなければならない。

メニュー内の "About"を推奨する

Supported Platforms

開発にはiOS 6.0かそれ以降が必要だが、実行はiOS5.1以上で可能である。

次回へ続く