読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sos の 作業メモ

プログラミングや英会話学習、マイルや旅行、日常生活など。最近はWebFormなASP.NETのお守りがお仕事です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス Gポイント

Google Play servicesのデモを 0.2.0-0.2.3 な Android Studio で動かす

android GoogleMaps

2013/08/02修正

build tools が18.0.1になりましたので一部修正しときます

2013/07/28追記

そういえば4.3(API Level 18)でbuild toolの18が使えるようになりましたので、一部追記しておきます。



0.1.9までは手をいれなくても大丈夫だったんですが、0.2.0になってちょっと弄る必要がでてきたので書き直します。

ダウンロード&展開

gpsdemos.zipを落として、好きなところに展開してください。gpsdemosというフォルダが作成されます。

build.gradle編集

落として来たデモは Gradle0.4.2を想定していますので、Android Studio 0.2.0以降ではimportできません。

まずはgpsdemosのフォルダの直下のbuild.gradleをテキストエディタで開いて、

dependencies {
    classpath 'com.android.tools.build:gradle:0.5.+'
}

0.5系を使うように編集してください。

Import Project

Android Studioを起動して、 Import Projectでデモアプリのフォルダを選んで、OKボタンでImport Dialogを開きます。

gradleでのimportを指定 f:id:sos_jp:20130712135433p:plain

Use gradle wrapperを指定 f:id:sos_jp:20130712135455p:plain

Importが無事に済んだら、いつものAndroidStudioの画面になります。

Android SDK Managerで2つのRepositoryをインストール

Android Support Repositoryと Google Repositoryをまだインストールしていない場合は、 Android SDK Managerを起動して、これらを追加してください

f:id:sos_jp:20130606203939p:plain

build.configを修正

SDK build-tools 18.0.1がリリースされていますので、こちらを使う場合は、auth,maps,panorama,plusのそれぞれのモジュールのbuild.gradleの

buildToolsVersion "17.0.0"

buildToolsVersion "18.0.1"

に書き換えてください。

この段階でbuildできるようになっているはず。 だめなら ターミナルで./gradlew clean buildするか、IDEで Build -> Rebuild Projectしてから runしてください

API key設定

とりあえず Google Mapsのデモアプリを動かすために、API keyを設定します。

Google APIs consoleから Simple API Access の API keyでも取って来てください。

それをmapsの下のAndroidManifest.xmlに設定してやります。

<meta-data android:name="com.google.android.maps.v2.API_KEY"
 android:value="hogehogehogehoge"/>

(hogehogeを置き換える)

実行

あとはmapsを選んで実行し、実機に転送して動作を確認するだけです!