読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sos の 作業メモ

プログラミングや英会話学習、マイルや旅行、日常生活など。最近はWebFormなASP.NETのお守りがお仕事です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス Gポイント

「OS X & iOSパーフェクトマスター―OS X Mountain Lion/iOS6」 後編

前回の続き

第10章 画像、動画や音

  • ColorSyncユーティリティで色を調整する。正確な色を再現するためにモニタを調整する。まずは直接光や映り込みの無い環境にモニタを置く事が大切
  • 音声入力で日本語でのテキスト入力が可能
  • 画像をまとめて選択し、コンテキストメニューのクイックルックで開けば、全画面でお手軽スライドショーが可能

第11章 カスタマイズ

  • FInderは、アイコン表示の時にフォルダの背景を変更可能。表示メニュー->表示オプションを表示で設定する(command+JでもOK)
  • フォルダを開く時に、別ウィンドウとして開くようにするには、環境設定の一般タブで、フォルダを常に新規ウィンドウとして開くをチェック

第12章 アカウントの管理

OS Xはマルチユーザ・マルチタスクOS

  • シングルユーザーモードで起動するには、電源を入れて起動音が鳴ったら、#のプロンプトが表示されるまでcommand+Sを押し続ける。ログイン認証画面でユーザー名にconsoleを入れてもOK

第13章 ターミナル

  • OS Xのコアは、Darwinと呼ばれるUNIX。10.5で完全なUNIXとなった。X11(XQuarts)は、Mac OS X用のXウィンドウシステムで、インストールすれば使える
  • .DS_Storeファイルは、フォルダやファイルの属性等を保持している隠しファイル。消しても必要なものなら再度作成される

第14章

  • アプリケーションに関連したファイルを一つにまとめ、Finderから一つのファイルに見えるようにすることをパッケージ化という。パッケージに.appの拡張子をつけると、フォルダとして見える
  • パッケージは特殊フォルダ
  • パッケージの中をみるには、コンテキストメニューで「パッケージの内容を表示」を選ぶ
  • DockのアイコンはDock.appの中にあるので、ここを弄れば好きなようにアイコンを変更可能

というわけで、14章までのOS X編が終了。次章はまるまる iOS6編。

次回へ続く